けんぽ共同健診は、参加する健康保険組合で構成される「けんぽ共同健診協議会」が主体となって運営する健診事業です。

健保組合の被保険者、被扶養者のための健診事業であり、診療所など健診施設と巡回健診で全国をカバーしており、健診案内から健診結果回収・精算までをワンストップでアウトソーシングできる理想的な健診スタイルを提供します。

8つの特徴

1. 選択型健診

巡回健診と施設健診の併用でも、巡回健診のみまたは施設健診のみでも参加可能です。

2. 事務負担を軽減

個別契約での煩雑な事務作業を回避できます。

3. 共同事業でコスト削減

多数の健保組合が共同で行うため、低コストで高品質な健診を実現しました。

4. 保健指導に対応

XMLデータ化からご指定の保険指導に連携し、ワンストップな対応が可能です。

5. 電話による受診促進

受診率を高めるために電話による健診受診勧奨を追加費用なしで実施します。

6. 参加組合との意見交換

実務担当者懇談会など、最新の情報共有のための会合を定期的に開催しています。

7. KENPOSの利用

ポピュレーションアプローチツール「KENPOS」が追加費用なしで利用できます。→ KENPOSの概要

8. ABC健診・人間ドック

ABC健診の活用な人間ドック併用など、戦略的な費用対便益を意識した健診ができます。

けんぽ共同健診の流れ

事前準備から結果納品・精算まで健保組合の事務手間を削減できます。

サービスの流れ図