よくある質問

Q1. 加入健保組合が自主的に運営とは?

けんぽ共同健診事業は9健保組合で構成される幹事組合会で例えば次年度のサービス内容について協議を重ね全団体が参加する総会承認によって決定される方針に基づいて運営されています。健保組合が主体となって運営されているので安心して参加いただけます。

Q2. 受診が伸びないのだけれど何か良い解決策があるの?

施設健診機関の増加に加え巡回健診会場も提供されることから受診環境が大幅に向上します。加えて未申込者に対し電話による受診勧奨が無償提供されますので受診率の向上が期待できます。

Q3. なるべくコストをかけたくないのだけれど?

巡回健診の健診費は施設健診と比較し大幅に低く抑えることが可能です。加えて現在実施しているがんオプション検診の費用対効果の見直しなどを通じ持ち出し費用を最小限に抑えることが可能です。

Q4. 健診受診後のフォローは何かあるの?

申込画面として提供されるKENPOSには体重記録や歩数記録、SNSを利用した応援機能などその後の健康増進活動に利用できるサービスが無償提供されるので対象者に対する健康PDCA活動としてデータヘルス計画に反映することが出来ます。

Q5. フルアウトソーシングできないと意味が無いのだけれど?

けんぽ共同健診事業で提供されるサービスに加え例えば人間ドックや保健指導も実施したいといった要望に対しても指定代行機関が提供する付帯サービスによってカバーできますので保健事業をフルにアウトソーシングしたいというニーズに対してもお応えすることが可能です。
copyright(c)けんぽ共同健診協議会 All rights reserved.